「守・破・離」という概念を取り入れています。もともと「守・破・離」は能を確立した世阿弥の教えであります。

「守」は、基本の型を見につける段階。「破」は、その型を破って応用する段階。「離」は、それらに創意、工夫を加え独自性を確立する段階です。型を守り(基本の習熟)、それを破り(応用)、最終階として型を離れる(創造)ことをサッカープレーヤーとしてはもちろんのこと、人間性を高めるうえでも追求しています。

そして長短を織り交ぜたパスワークで、ゴールに迫るサッカーを心がけ、Jリーグの大宮アルディージャ、ザスパ群馬、SC相模原、関東大学リーグの順天堂大、神奈川大、東海大等へ選手を輩出しています。

昨年度は、関東大会神奈川県予選第5位をおさめました。現在、全国高校サッカー選手権神奈川予選、参加校約200チーム中ベスト12まで勝ち進んでいます。

基本情報

活動日月・水・木・金・土・日(放課後 土日は練習試合にでることもあります。)

部員数合計100名
(男子)<1年…47名 2年…33名 3年…20名>

合 宿夏・冬にそれぞれ御殿場へ。それぞれ4泊5日。

主な大会実績

  • 2012年度 インターハイ神奈川予選 第5位
  • 2013年度 関東大会神奈川予選 第5位
  • 2014年度 関東大会神奈川予選 第5位
  • 2017年度 インターハイ神奈川予選 ベスト16/全国高校サッカー選手権神奈川予選 ベスト16
  • 2018年度 関東大会神奈川予選 第5位/全国高校サッカー選手権神奈川予選 ベスト16
  • 2019年度 全国高校サッカー選手権神奈川予選 ベスト12

運動部

Posted on 2021年6月11日