横浜創学館のICT教育

ICT教育

『何をどうするか』を主体的にすることが肝心です。

横浜創学館では、1人1台のタブレットPC(SurfaceGO)と全教室に電子黒板とWi-Fiを導入し、『共生力』『表現力』『創造力』(本校教育理念)を育成する授業を展開しています。

また、それと同時に、情報の授業やホームルームを通じて、情報リテラシー教育も行っています。

本校のICT教育は、ただ単にICT機器の使い方を身につけるだけでなく、『何を』『何のために』『どのように』活用するのかを主点に、生徒自らが『主体的に学ぶ』姿勢を育むことを目標としています。

特徴的なのがタブレットとキーボードが付いている“タブレットPC”の導入です。キーボードが一体化していることにより、『調べる』『見る』『聞く』だけでなく、直感的に『書く』『描く』『創る』を実現できる“新しい文房具”と捉え、タブレットPCを採用いたしました。これにより、オンラインを通じての様々な教育にも、威力と支援を発揮することが可能になります。

さらに、授業支援では“Classroom”(生徒と教師による課題の管理、コラボレーションの促進、コミュニケーションの改善など)、学習支援では“スタディサプリ”や“すらら”(学習支援ソフト)を通じて高校生活や学習の記録が積み重なられ、学習の軌跡(ポートフォリオ)をわかりやすく視覚化。生徒たちのさらなる成長を実現します。

Posted on