生徒たちの第一志望を叶えるために

大学進学率が高まってはいるものの、生徒たちの進路希望は多様です。
それらすべてに対応していこうというのが横浜創学館の進路指導です。

進路目標が多様化しても、進路実現のために「学力」が重要な要素であることに変わりはありません。
横浜創学館が偏差値5upという目標を掲げている理由はそこにあるのです。
偏差値5upは非常に難しい目標ですが、毎年約3割から4割の生徒たちがその目標を達成し、希望する道へと進んでいきます。

横浜創学館は着実な学力向上を図り、生徒たちを第一志望合格へと導くために、きめ細かい指導を心がけています。

進路部では次のようなサポートを行っています

  • AO・推薦入試に対応した小論文講習や面接指導

  • 一般入試に対応した学力を養成する進学講習(英語・数学)
  • 進路意識を高めるための進路ガイダンス(校内・校外)やキャリア講演会
  • 上級学校や企業の雰囲気を直に感じられるバス見学会
  • オリジナルの「進路の手引き」(生徒手帳内)を用いて指導する進路講座
  • 60年以上の歴史の中で培われた企業との信頼関係により確保された500社以上の求人数
  • 学力向上を図るために、計画的に配置された模擬試験や小論文試験

各種演習・講座も用意しています

外部予備校講習(特別進学)

予備校講師とのT.T.授業で入試対策に厚みを加えています。

Web予備校

補助教材として、いつでもどこでも学習が可能。部活動で多忙な生徒たちに大変好評です。(希望制)

進学講習(英語・数学)

月曜・土曜に行われる希望制の進学講座。テキスト代のみで受講できます。

小論文講習

3年生の希望者を対象に、小論文対策を実費負担で実施しています。

公務員受験対策講座

公務員試験を受験する生徒に対策講座を実施しています。

eポートフォリオ対策

Japan e-Portofolio(以下「JeP」)は、文部科学省の事業として運営される大学出願ポータルサイトです。高大接続改革で、2021年度より「学力の3要素」に基づき、大学入試時に高校時代の活動が評価されるようになります。
私たちは各行事、体験学習、講座等においてJePに入力する指導をし、学びのデータを蓄積させ、出願時に整理して効果的に利用できるよう、1年次から取り組ませています。

オリジナル生徒手帳を活用して自分の進路を明確化します

  • 日々の習慣や予定が細かく記録できるから、PDCAサイクルが身につく!
  • 進路への意識が高まる!

学習や部活の予定などが細かく記入できるので、計画性を持って学校生活に取り組めます。また、進路に関するイベントなどを記録することにより、自身で得た経験や考えが見直せ、思考の過程や進路への意識が明確化。これをもとに志望理由書などをまとめ上げることができます。

Posted on 2019年6月26日