横浜創学館高等学校


2017年9月28日掲載
夕照祭「創意」、ご来場ありがとうございました!

9月16日(土)~17日(日)、本校文化祭「夕照祭」が開催されました。

今年度のスローガンは「創意 act in a body」
ここには「新しい見方で創出をしていきたい。そして誇りと自覚のある団結と行動をする。」という思いが込められています。
横浜創学館生徒たちの個性が創る、革新的な夕照祭を目指して準備を進めてきました。



【展示部門】全校制作「act in a body」

現在、私たちの地球は温暖化が深刻な問題となっています。
今ある資源をたくさん使うのではなく、使ったものをできるだけ再利用し、地球に優しくありたいと思っています。
今年は紙パックを原料として和紙を作り、全校生徒でちぎり絵を制作しました。
この体育館に繋がる階段から、私たちのメッセージを送り届けます。

 

【装飾・受付部門】「BLOOM」

装飾・受付部門では、体育館前の桜の木にペットボトルを使った装飾を行いました。
再利用をキーワードに、夕照祭スローガンである「創意」の文字をあしらいました。

 

【装飾・受付部門】「アンブレラスカイ」

正門付近には傘のアーケード「アンブレラスカイ」を設置しました。
晴れの日には傘のカラーが地面に映えてきれいなのですが、あいにくの天候で少し残念。
しかしながら、きれいな配色の新たな取り組みは来場者の目に留まったことと思います。

 

【販売部門】リ・リパック

今年度も引き続き「リ・リパック」を導入しエコステーションを設置しました。
9種類に分別回収を行いました。ご協力ありがとうございました。
(リ・リパックとは、容器を回収してもう一度容器として再生できるようにすることです。)

 

【公演部門】「so-gaku collection」

また今年は様々な特技を持った生徒の発表の場を設けました。
その名も「so-gaku collection」。
初めての試みでしたが、多種多彩な披露で会場は大盛況でした。

 

【中夜祭】

実行委員が毎年様々な企画を持ち寄ってつくる中夜祭。
今年も腕相撲、のど自慢、○×ゲーム、未成年の主張など、たくさんのイベントが行われました。


夜は体育館前アーケードをライトアップ。
学内の風景とは思えないほど、とてもきれいでした!

 

2日目は残念ながら悪天候のため後夜祭中止となりましたが、今年も思い出に残る夕照祭となりました。

各団体の取り組み、夕照杯に関しては次のトピックスをご覧ください。

 


<<戻る

footer

spacer