横浜創学館高等学校


トップページ事務室からのお知らせ > 証明書発行・各種手続き(卒業生用)
 証明書発行・各種手続き
 


■ 卒業生の各証明書の申し込み方法について

卒業後に各種証明書(卒業証明書、調査書等)が必要になった場合は有料になります。
以下をよくお読みのうえ申請してください。

申込方法
1.原則としてすべて郵便申込・返信となります。
(電話での申込受付はいたしません。)
2.卒業証明書のみ事務室窓口にて申込後に即日(15分ほど)発行できます。
(代理人が発行依頼する場合は、「卒業生本人の確認書類」と「代理人本人の確認書類」が必要です。)
3.事務室窓口の申請受付時間は平日8時30分〜16時00分です。
(長期休業中は変更する場合があります。)

申し込みの際には、次の点に注意してください。
1. 卒業後5年を経過しますと、成績の証明はできません。
(成績証明書・調査書を申請しても、単位数のみの記載となります。)
また卒業後20年を経過しますと、卒業証明書のみ発行可能となります。
(以上、学校教育法施行規則第28条による。)
その際、卒業以外の証明はできませんが、その旨が記載された発行期限切れ証明書は発行可能です。
2. 長期休業中(特に12/29〜1/3を含む冬休み、夏休み)は発送までのめやすの日数以上の期間を要する場合があります。
3. 卒業後の証明書発行期限を過ぎている方で、進学の出願書類として必要な方は出願先に問い合わせて指示を受けてください。

申込到着後から発送までの日数
 
証明書種類 日数 卒業後の発行期限 手数料
卒業証明書 3日 永年 300円
成績証明書 1週間 5年
単位修得証明書 20年
調査書 5年
※ただし、学籍に関する記録のみの記載は、
20年以内の場合発行します。
英文の証明書 1週間 日本文に準じる
発行期限切れ証明書 3日 永年 0円


■ 退学者の各証明書の申し込み方法について

退学後に各種証明書(成績証明書等)が必要になった場合は有料になります。
以下をよくお読みのうえ申請してください。

申込方法
1. 原則としてすべて郵便申込・返信となります。
(電話での申込受付はいたしません。)
2. 事務室窓口の申請受付時間は平日8時30分〜16時00分です。
(長期休業中は変更する場合があります。)

申し込みの際には、次の点に注意してください。
1. 退学後5年を経過しますと、成績の証明はできません。
(成績証明書を申請しても、単位数のみの記載となります。)
また退学後20年を経過しますと、証明書の発行はできません。
(以上、学校教育法施行規則第28条による。)
2. 長期休業中(特に12/29〜1/3を含む冬休み、夏休み)は発送までのめやすの日数以上の期間を要する場合があります。
3. 退学後の証明書発行期限を過ぎている方で、進学の出願書類として必要な方は出願先に問い合わせて指示を受けてください。

申込到着後から発送までの日数
 
証明書種類 日数 退学後の発行期限 手数料
成績証明書 1週間 5年 300円
単位修得証明書 20年
英文の証明書 日本文に準じる



下記のT〜Wを同封し学校宛に郵送する

T・証明書交付願
U・証明書発行手数料(郵便小為替)
V・返信送料(郵便小為替)
W・本人確認書類

同封書類について
T・証明書交付願 【PDF】 ← ダウンロードできます。
記載事項
@必要な証明書の種類と部数
A氏名 ※卒業時氏名を記入してください。
※英文証明書類申請の場合はローマ字氏名も記入してください。
B生年月日
C郵便番号 現住所(この住所に返信します)
D昼間の連絡先(携帯)電話番号
E卒業年月、卒業後5年以上経過したか否か(成績証明書発行期限にかかわります)
☆証明書交付願がダウンロードできない場合は、記載事項を便せん等に記入し同封してください。

 U・証明書発行手数料
1通に付き300円分の郵便小為替を同封してください。
郵便小為替は、郵便局の窓口で購入してください。

 V・返信送料
500円分の郵便小為替を同封してください。
また、証明書交付願の右下部分がレターパックに張り付ける返信用宛名になりますので
正確にご記入ください。

 W・卒業生本人確認書類
下記のいずれかの卒業生本人のものの写しを同封する
@運転免許証
A健康保険証
Bパスポート等
※代理人本人の確認書類も@〜Bのいずれかとなります。

宛先
〒236−0037
横浜市金沢区六浦東1−43−1
横浜創学館高等学校 事務部 証明書発行係



<<戻る

footer

spacer